HOME>トピックス>ファッションより機能性を優先させるなら守ること

目次

既製品との違い

靴

ファッションにコーディネートするにしても、実用性をもたせるにしても、オーダーメイドで靴を製作するとなれば、まずは予算を伝えておきましょう。そこからデザイン性・機能性などを考慮しながら一足を作り上げるワケで、予算オーバーとなってもイチから考えなおすことはできますが、デザイナーによるデザイン料が発生します。また、機能性を求めるならデザイン性まで求めることが難しい、というのも昔ながらの匠ならば説明するかもしれません。機能性を求めるなら、履き心地、耐久性はグレードアップさせた内容で依頼しましょう。どこが既製品と違うのか、というのもポイントになるでしょう。

試し履きが必要

ファッション性のある靴をオーダーメイドで製作してもらうなら、口コミやレビューなどで高い評価などを見聞きしているかもしれませんが、それは既製品ではないため、満足度には個人差があります。ルール・マナーがあるとすれば、最高の満足感は価格に比例するということで、お金をかければ、それなりに満足できます。ですが、低価格でもオーダーメイドを請け負うケースもあります。その場合、フィット感や屈曲性などをしっかり試し履きしてみることが大切ですから、実店舗で製作依頼はしましょう。

広告募集中